赤ちゃんのしゃっくりを止めてあげたい!!しゃっくりの止め方5選

目安時間:約 6分
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ぽん
しゃっくりは無理に止めなくてもいいって

わかってはいるけど…

『やっぱり止めてあげたい!』

って思うのが親ってもんです(笑)

 

ということで

今回はしゃっくりを止める方法を5つ紹介するね^^

 

赤ちゃんのしゃっくりを止める5つの方法

これから紹介する方法は

個人差があるのでしゃっくりが止まらないこともあります。

 

でも、赤ちゃんのしゃっくりは無理に止めなくても大丈夫なので

試して止まらなかったらそのままにしてあげてくださいね^^

 

それでは行きましょう!

 

1.飲み物を飲ませる

これは有名ですね。

そして、有名なだけに1番効果があると感じます。

 

母乳やミルク、白湯や麦茶などを飲ませてあげる

しゃっくりが治まることがあります。

 

白湯や麦茶で体を温めてあげるのも効果アリ^^

 

ぽん
ちびぽんはだいたいこれで止まるよ!!

 

2.げっぷを出してあげる

母乳やミルクを飲んだ後にしゃっくりをしているようなら

げっぷを出してあげましょう。

 

げっぷが出た刺激でしゃっくりが治まることがあります。

 

また、母乳やミルクを飲んだ後に

しっかりげっぷを出してあげることによって

しゃっくりが出にくくなる効果も。

 

背中をさすったりトントンすることで

体が温まるので効果大◎

 

ぽん
ちびぽんみたいに

げっぷの刺激でしゃっくりが出ることもあるよ(笑)

 

3.オムツを替えてあげる

濡れたおむつが原因で体が冷えていることもあるので

おむつを替えてあげると治まることがあります。

 

おむつ替えで体を動かして気が紛れたり

新しいおむつでスッキリすることも効果的なのかも。

 

 

4.体を温めてあげる

寒さで縮こまっているときのしゃっくりにはこの方法が効果的。

 

お湯で温めたガーゼやタオルをお腹にあててあげましょう。

 

ただ、赤ちゃんは暑がりなので

必要以上に温めるのは汗が出るので逆効果。

 

 

5.着替えさせてあげる

汗で体が冷えてしゃっくりがでているときは

着替えさせてあげましょう。

 

汗をかいてるときは

しゃっくりが出てなくても着替えさせてあげてくださいね(笑)

 

着替えの時に体を動かすことでもしゃっくりが止まるかも。

 

着替えが終わったら

背中をさすってあげたりして

体を温めてあげるといいですね^^

 

 

番外編

オススメはしないけどどうしても止めたい方に。

調べると出てくる方法も一応ご紹介。

 

・うつ伏せにする

 

うつ伏せにすることで気が紛れるのか

しゃっくりが止まるようです。

 

低月齢の赤ちゃんは窒息などの危険もあるので

試す場合は絶対に目を離さないでくださいね。

 

・大泣きさせる

 

大泣きするとしゃっくりが止まることも

あるようですが…。

 

苦しそうだからしゃっくりを止めてあげたいのに

大泣きさせたらもっと苦しくなりそう…

と思うのはわたしだけではないはず。

 

 

こんな方法も他で紹介されてますよーってことで。

 

何度も言いますが、わたしはオススメしませんよ。

 

最後にひとこと

いかがでしたか??

 

試してみても止まらないようなら

そのまま様子をみてあげてくださいね。

 

 

しゃっくりが苦しそうだから止めてあげたいはずなのに

一所懸命になりすぎて

しゃっくりを止めることが

赤ちゃんにとって苦痛になってしまっては本末転倒です。

 

そのままでも赤ちゃんは苦しくないので

あんまり一生懸命にならないでくださいね^^

 

 

 

ぽん

『他にもこんな方法があるよ』って方いたら

教えてくださいね\(^o^)/

 

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
登場人物紹介

ぽん:このサイトの管理人。2017年出産。食べること、寝ることが好きなぐーたら主婦。母乳担当。

ぽんとサイトについて詳しく知りたい方はこちら

ちびぽん:ぽんの息子。2017年5月生まれ。好きなものはタイヤ。車ではなく、タイヤ。

 

ひな:ぽんの元職場の後輩で現在はママ友。22歳。明るく美人だが、ちょっとOBAKA ☆ミルク担当。

ゆめ:ひなの娘。2017年12月生まれ。おませな女の子。口癖は「~でし」

ページの先頭へ